看護師の仕事と子育ての両立について

看護師の仕事は精神的にも体力にも、非常にきついですよね。
そのため出産を機にやめてしまう方も少なくありません。

 

しかし、せっかく身につけたスキルですし、子育てに理解がある病院であれば、両立できないわけではありません。
正直言って、子育てに理解がある病院や診療所はまだまだ少ないのが現実です。
ただ、ないわけではありません。

 

そういった病院を探すにはとにかく病院の内情を知っている人から紹介を受けたり、情報が豊富な転職サイトを使うことです。
おすすめは、こちらのランキングを参考にしてください。

 

以前、勤めていた大学病院に、小さなお子様が2人いながら病棟で夜勤もこなしている先輩がいました。産休前は外来にいて、産休明けで病棟に異動されたそうです。外来と違い、病棟は夜勤も残業もあり、復帰する時は仕事がこなせるかとても不安だったそうです。
お子様は、病院にある託児所に預けてから出勤していました。残業が長引くと、仕事が終わるまで迎えに行けないので、延長保育にしなくてはならないそうです。
土曜日は、18時までしか託児所がやっていないそうで、何が何でも仕事を終わらせて、迎えに行かないとなりません。

 

迎えに来ないと託児所から病棟に電話が入るのでとても大変そうでした。ご主人が、仕事は基本、日曜日がお休みとのことで、日曜日が仕事の時は、ご主人にお子様の面倒を見てもらっているそうです。夫婦でお互いに協力していかないと、看護師の仕事と子育ては両立しないとおっしゃっていました。

 

また、時々は、親御さんに協力を得ることもあるそうですが、ご実家は遠方で、朝車で1時間程かけてご実家へ行きお子様を預け、それからまた戻って出勤するそうです。見ていて本当に大変そうでしたが、いつも元気で明るく振舞う先輩を見て、とても感心させられました。仕事以外に子育てがあると、自分がゆっくりと寛げる時間が無いのではと思います。しかし、先輩に話を伺ってみると、子供のように守るべきものがあると、何が何でもやってやるという気持ちになるそうなんです。子供を持たない私から見たら、仕事と子育ての両立は自分ではギブアップしてしまいそうです。

 

お子様がいながら、看護師の仕事をこなす方を本当に尊敬します。
一方で、成人されたお子様がいる先輩看護師に聞きました。お子様が小さな頃は、親御さんも近くにいらっしゃらず、ご主人も多忙だったので、一時期は仕事を退職して子育てに専念したそうです。ある程度、お子様の手がかからなくなり、中学生くらいになった頃、パートとして看護師に復帰し、後に正社員に戻り主任になりました。また、現職場の先輩は、まだお子様が小さいため、5時間程度のパート看護師として働いています。状況によっては、両立は難しいので子育てを優先させる方も多いようです。
看護師の仕事と子育てを両立するためには、周りの方の理解、協力が必要です。協力が無くては、夜勤業務等はこなせないと思います。看護師は、身体的にも精神的にも疲労するので、適度な息抜きが必要です。また、パート、夜勤なしの日勤のみ、もしくは短時間労働にする等、看護師の仕事の勤務形態や種類を変えることで、心身にあまり負担をかけずに仕事と子育ての両立の実現が可能になるようです。