自分と病院がマッチングしないのに転職してはいけない

最近は看護師求人サイトがとても増えています。

 

どの求人サイトもサービスとしては似ていますが、肝心なことは、自分にあった職場を見つけるということです。大きな病院であればたくさんの求人サイトに募集をかけているかもしれませんが、小さな病院やクリニック、少人数の募集だったり非公開の求人に関してはある求人サイトには載っていてもある求人サイトには載っていないということもあります。

 

そのため、ひとつの求人サイトに限って職場探しをするよりはいくつかのサイトに登録をしたほうがより自分にあった就職先を見つけることができると考えられます。また、求人サイトに限って就職活動をする必要もありません。求人サイトならではのサービスは魅力的ですが、幅広く探そうと思った場合は新聞に載っている求人やハローワーク、看護協会のナースバンクの利用なども併用することで、求人サイトには載っていない求人を見つけることもできるでしょう。

 

 

 求人サイトが増えている背景には利用者が増えていると考えられます。求人サイトを通して就職が決まった場合、病院側は求人サイト運営会社に対して報酬を支払っています。それによって求人サイトは運営されているのです。おそらく病院側はその報酬額の支払いが多額なものとなっており、求人サイトを利用せずに応募してくれることを望んでいるでしょう。

 

そのため、近年は求人サイトなどの紹介を経ずに就職した場合に病院が個人に対して就職祝い金を提供するケースがでてきています。

 

その額が数十万円と多額なことが多く、そのことより、求人サイトを経由した場合にサイト運営会社に対して支払われる報酬もかなりの額だと予想されます。それによるトラブルがおこらないとも限りません。たとえば、めでたく就職したが、職場環境が合わずに退職したい、配置換えをしてほしいなどの要望が出てきた場合、病院側としては多額の報酬を払ったのに・・・という不満を持たれ、トラブルにもなりかねません。

 

もちろん運営会社もトラブルを避けるために、マッチングに力を入れていることと予想できるわけですが。求人サイトを経由した場合には多額の費用が動いているということも念頭に置き、就職にあたっては本当に自分がその病院(もしくは施設など)でやっていけそうなのかをよく検討する必要があると思います。もちろん自分のためにもよく検討することは当然ですが。

 

 裏を返せば、転職サイトを利用しないほうがもらえるお祝い金が多いという場合があるということです。しかし、そのお祝い金にばかり目がくらんでしまい、本当に自分にあった職場かどうか考えることがおろそかになってしまってもいけません。総合的に自分に合った職場と自分にとっての利益を判断するためには、様々なサービスをうまく利用することが不可欠ですね。