各種人材サービスの違い

それぞれの特徴について説明します。

 

まずはじめに、ナースバンクについてです。ナースバンクの事業所又はe-ナースセンターから登録を行います。同時に、看護師の免許番号も登録を行います。ナースバンクには、相談員がいて仕事の相談にのってくれたりアドバイスをしてくれます。相談員は看護師なので、相談がしやすく理解があると思います。しかし、ナースバンクの方に求人を探していただけません。転職時のサポートもありません。求人は求人表を見て自分で探す事になります。自分で働いてみたいと思う求人が見つかり次第、ナースバンクに紹介状の作成を依頼します。その紹介状を持参し、面接に行きます。

 

次に、ハローワークです。ハローワークは、国民に安定した雇用機会を確保することを目的とした厚生労働省が設置する行政機関です。ハローワークでは、看護師専門の求人案内ではないので、一般の求人も含まれています。直接窓口に行き、職業相談にはのってくれますが、看護師専門ではないので看護師求人に関しては、あまり詳しくないです。自分で求人票や、インターネットで求人情報を検索し、面接を受けたい求人が見つかれば、職員窓口に伝えて紹介状を作成していただき面接へ行く事になります。この点はナースバンクと似ています。

 

最後に、看護師求人サービスについてです。インターネットからサイトへ登録をします。登録後、サイトのコンサルトから電話やメールがあります。主なやりとりは電話です。看護師の求人のみを扱っていて、コンサルトの方が相談に乗り、本人の希望の勤務形態や給与等に基づいて、病院を探してくださったり、おすすめやインターネット上には無い非公開求人を紹介してくれます。新しい求人がでた場合は、電話やメール等で知らせてくれます。また、事前にコンサルトの方から面接を受ける病院に、どのような人が面接をするのかを伝えていただけます。履歴書の書き方のアドバイスや、面接の練習等を行ってくれます。会社によっては、コンサルトが面接時に引率してくれるところもあります。何から何まで手厚くサポートしていただけるので、転職する際は非常に心強いです。

 

以上、3つを比較して、一番良い点がそろっているところは、求人数も豊富で、いろいろなおすすめ求人も紹介可能で、面接までサポートしてくれる看護師求人サービスだと思います。自分がどこを利用したら、一番安心して転職ができるのかをよく考えてみると良いと思います。