責任も軽くて気軽

看護師のバイトで多い仕事は採血のみのバイトや夜勤だけをするバイト、検診バイト、ツアーナースが有名です。
ただ、それだけではありません。意外と、看護師の需要は多く、こんな仕事があったのかと驚かれる方も多いです。

 

バイト希望の方におすすめなのが、ナースパワーです。
ナースパワーは登録時の希望職種欄に「長期バイト」や「派遣ナース」があるだけあって、バイト求人や夜勤専従求人が豊富です。

 

 

 

バイト看護師として転職した方の意見をまとめて説明します。
お子様が小さいため、正社員だと残業が多く、夜勤もこなさなくてはならなかったため、体力的にも仕事をこなすことが難しかったそうです。そのため、子育てをする時間を設けたいということで、バイト看護師を選んだとのことです。

 

正社員と違うところは、まず時給制であることです。時給制であるため、なるべく残業はせず、早く仕事を切り上げて定時には帰宅できる状態にしなくてはなりません。そのため、プライベートな時間が確保しやすく、体もゆっくり休めることができ、子育てにも力を入れられるようになったそうです。お子様がいらっしゃる方だと、非常に助かりますね。事実、バイト看護師の方はお子様がいらっしゃる方がとても多いです。育児と仕事の両立は、正社員であると難しいものがあります。
業務内容は、正社員とほとんど変わりはないです。ただ、病棟があるような大きな病院では、夜勤は行いません。基本的に日勤のみなので外来勤務です。ボーナスは正社員よりは少ないですが出ます。病院によっては、ボーナスが出ないところもあるそうです。また、福利厚生については、正社員程しっかりした内容では無いです。社会保険が無いこと、また、産休や育休、有給、退職金等が無いです。しかし、病院や施設によっては、バイト看護師であっても、福利厚生がしっかりしているところもあるそうです。転職前に、福利厚生のしっかりしている病院や施設を事前に調べておくと良いと思います。ここは重要な点だと思います。また、バイト看護師が多く勤務している病院を選んだ方が、理解も多く働きやすいと思います。

 

大学病院勤務だと、バイト看護師では役割がついたりせず、委員会等には入らないですが、研修によっては参加しなくてはなりません。正社員だと、課題が出るような研修にも参加しなくてはなりませんが、バイトの場合は課題が出る研修には参加することはありません。正社員と比較すると、研修や勉強面では多くを求められることは無く、気持ち的には楽になります。臨床経験年数が長い方だと、プリセプターのようなものではなく、単発で新人看護師の指導につくこともあります。
バイト看護師は、良い点、悪い点がそれぞれありますが、病院や施設によってはお給料やその他待遇面でかなり違ってきます。事前にリサーチしておくことが必要です。正社員と比べて、給料面では劣りますが、身体的、精神的にも楽になるので、働きやすいかと思います。